2017年10月11日水曜日

やっぱり発達に凸凹があるのかもしれない

IQが全体に高いが、
特に知識が高い半面、動作が弱く、短期記憶が極端に弱い。

ある人によると、大人の発達障害の人によくあるIQ検査結果らしいです。
子どもときは勉強ができても、
大人になってから困るのがこのタイプ。

文章や思考力が高いのに、
問合せに瞬間的には答えの引き出しを開けられない。
ためらいが入って引き出しが開かず、電話応対に時間がかかるタイプ。

それに加えて
理解と動作の連動性が低く、頭で分かっていても
動作が遅く、間違いが多い。
書類の誤記などが典型。

こうやってみると、大人の発達障害、大人のアスペスガーの一部には
私、
当てはまりそう。
典型的なアスペスガーの方でも、特徴のすべてに当てはまる人は稀だそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿