2017年5月24日水曜日

政権批判しようと頑張ってみる

テロ等準備罪、共謀罪とイギリスのコンサートの自爆テロ。

テロが本当に防げるのか?
日本の人権はどうなるのか?
通信傍受は現状の法律でも行われているようだ。
権力ってイヤな奴が握っている。
聖人君子が国や権力を動かしている訳じゃない。

現に大学の学部新設も友人に都合よく手配してあげている。
権力ってイヤな奴が握っていることを忘れてはいけない。

国を守るっている正義の名の下に、
なんでもできる国家は、北にもある。
日本もかつてそうだった。

アメリカは人権を大切にするから、
監視国家にはなりきれなかった。
スノーデンの告発には耳を傾ける価値がある。

なぜ、日本はテロ等準備罪をいま制定するのか?
秘密保護法も出来たよね。
日本は
アメリカが決めた範囲でしか動けない。

アメリカや中国は世界を自分で考えたように変える気でいる。
日本の技術はアメリカのために使い、
日本の将来はアメリカの属国であり、中国との防波堤。

権力をもつ人は北と日本で、
どれほど違うんだろうか。
選挙があるから天と地も違うかもしれない。
それでも北のように批判が許されない政治家がいるという現実は、
日本でも次第に広がっている。

政治は
イデオロギーから、
個人の経済状況の向上に役立っているというイメージ戦略になった。
イデオロギーって
対立する主義があって成り立つのだが、
今は、福祉を組み込んだ資本主義という経済至上主義しか日本にない。

人工知能は政治を行う時代がくるとしても
イデオロギーではなく、
その人のキャラクターや個性と人気を大事にするだろう。

ああ、あたまも働かないのに、偉そうに政権批判なんかしては生きていけません。

0 件のコメント:

コメントを投稿