2017年7月18日火曜日

小さな会社の経営を夢想する

NPOでも株式会社でも、
お金を稼いで役員や従業員に給料や報酬を払っている。

お金を稼ぐ方法を考える経営ノウハウは必要だ。

ボランティアの延長ではあるが、
稼がなくては持続できない。

一つは、福祉サービスの運営だ。
グループホーム、B型就労継続支援作業所、地域活動センター等を
運営して、自治体からの補助を主な収入源とする。
必要なのは、専門家を雇用すること、
場所の家賃、
障害者の集客などだ。


二つ目が、会員に会報を配って会費を徴収すること。
年会費1000円から5000円程度の会費を集めて、
定期的に情報誌を配送するモデルだ。


三つ目は、企業や地方自治体に出向いて
講演やセミナーの講師を務める仕事だ。
企業の障害者雇用のコンサルティングを業務として、
講演や勉強会を開く活動をする。


四つ目が、商品の販売だ。
障害者と何らからの関係があるものを安く仕入れ、
会員や賛助会員、その他のお客様に売る方法だ。
一つ目の作業所で自分たちで作る方法もあるが、
本当に売れる実用品を作る能力があるか、心配なので、
包装程度を作業所でやって中身は、プロの作る作品や商品でいいと思う。

五つ目は、企業や自治体をいつも御用聞きに出かける仕事だ。
御用聞きに出かけて、仕事の受注があればいい。
なくてもその企業の雰囲気を知っておくことや
繋がりを持っておくのは大事だと思う。

いわゆるホワイト企業を探して、繋がっておくことだ。



まず、やるべきことは、
有料会員集め。
一般の会員だけでなく、富裕層の医者などの会員を募る。

次に、イベントと団体のPR。

そして関係ある企業への営業。対面とメールで営業をする。


これだけやれば、方向が見えてくると思う。

半信半疑ではなく、全力で信じてやればできる。という言葉ももらった。

2017年7月13日木曜日

暑くて注意力なし 夢想中

暑い(;´д`)
蒸し暑い(;´д`)
名古屋の暑さは毎年厳しい(≧ω≦)

仕事は相変わらずミスがおおい。

入るべき項目が入ってない。
文言が足りない。
記入すべき表に日付を入れてない。

ミスの連発。

これが仕事の難しさなんだろうか?

注意欠陥なんだろうか?

この仕事にも向いてないんか。。

憧れの大企業に入ってはみたが、
怒鳴られないだけで仕事が出来ないのは同じ。

今日は、来週の早退予定をいわなくちゃ。仕事も出来ないのに休みを取るのか、と思われそうだ。

今朝は暑くて注意力も出ない。

フェイスブックも愚痴ばかり。
コメントももらえなくなってきた。

大きく収入が伸びるのも、
自由にやりたい仕事も手に入れるのは難しい。

講演一式で30万円っていう先生もいるらしい。

7月に東京からくるNさんもそんな30万円級の講演を年間何本もとってくる凄腕講師だ。

凄腕講師の真似をするにはどうしたら良いんだろう?

営業メールを一日に何十も送っているのかなあ?

2017年7月11日火曜日

ボランティアの野望

某啓発雑誌にボランティア関連で投稿したいと思っています。
内容は、ボランティア団体の歴史と個人の就職活動等です。

特別珍しい体験でもないし、社会の役に立っているかの自信もない。

でも活動を認めてもらったり広く知ってもらえる機会は欲しい。

一ページでも良いので全国区のメディアに載りたい。

その先には本を書いたり
講演会を開いたりという野望がある。

福祉向けや企業内向けセミナーで稼ぐ。

もう一つの布石が来週のフォーラムだ。
NHKの主催する700人規模の会場で、ボランティアのPRするチャンスをいただいた。パネリストとして登壇する勇気はなかった。が、ボランティア団体のPRはしっかりできると思う。

700部のチラシの挟み込みは無理そうでも参加者にできるだけチラシ配布したい。

ボランティア会報を大量に印刷するのは今回の号で最後にする。

秋以降は、モリコロ基金の結果がOKなら、単独団体ではなく、ボランティアの連合体として郵送を続けられるかもしれない。連合体への助成はボランティアイベント開催が主目的だからチラシ郵送の費用は、補助的なものだ。会報をチラシに同封するか、連合体の新しい会報の編集を担当するかは話し合いだなぁ。

助成は有料会員を登録してもらうために使うと思っている。従来の無料配布は見直しだ。年会費4000円位の会員を100人集めて年間40万円の収入源を確保することを、目標にしている。これが単独のボランティア団体ではなしえなかった目標だ。賛同者もいる。引き続き、助成金を申請して経済基盤の確保に努めたい。