2017年5月26日金曜日

病気と食事は繋がっている

当たり前かも知れないが病気と食事は関係がある。
栄養のあるバランスがいい食事に気をつけておくことは病気を遠ざける。

グルタミン酸という昆布の旨味成分は
人間の脳内の興奮物質でもあるらしい。
食べたグルタミン酸がそのまま脳へ入る訳ではない。

脳の興奮物質や鬱状態の原因物質はどうやらカルシウムやマグネシウムというミネラル分で調整されるらしい。

軽金属とかミネラル、卑な金属などと言われる金属の一種だ。

カルシウムというと骨を作る、牛乳に含まれるというイメージ。

マグネシウムは、ナッツ類やお茶に含まれる。

軟水という日本のミネラル分の少ない水と硬水というアルプスヨーロッパのミネラルの多い水がある。

水というと水道水ではカルキという塩素系消毒剤も忘れる事は出来ない。

人間の脳は周りの食べ物、カルシウム、マグネシウム、水やカルキに影響を受ける可能性がある。

敏感と安定という個人差があるとも思う。

食事って脳や神経、精神の病気とも深い関係があると信じている。

薬が効くのは、食事で足りない分を補うからだろう。

食事に気をつけていれば薬は不要とまでは言えないが、自分の性質に合わせた食事に気をつけておくことは大事だと思う。

精神を唯心論で考えたり、唯物論で考えたりするが
実際には、食事や薬を通じて物質と心は繋がっている。

ナッツや水産物や緑茶というのは人類の栄養中でも特に上位にくるべきだ。

肉や穀物や脂、砂糖などは、栄養のあるものだが、精神の安定という視点からは積極的に取るべきものじゃないと信じている。

グルタミン酸仮説や
Wikipediaを少し読んだぐらいの浅い知識だが、全く的外れではないと思う。

2017年5月25日木曜日

ワクワク感とモチベーション

私の上司は、
優しい、私の母校の先輩で目をかけて期待してくれる。

でも、なんとなく距離を置いてしまう。

忙しそう。

仕事のあり方、働き方改革で国をあげて動く流れを気にしている。

働き方改革って仕事の無駄をなくし、
少ない手間で多くの成果を上げる仕事の仕組みを考える事だと私は思う。

が上司の考える働き方改革って
会議の効率化と
電話発信を自粛する時間帯作り
ぐらい。

こんなんで働き方改革って言っても
驚きも感動もワクワクモチベーションもない。

それに気付かないのは、
もともとのんびりした会社の
売上至上主義と遠い部門だからだろう。

中間管理職らしく
与えられた仕事の範囲で頑張るという発想だ。

部下の意見を聞く時間も少なくて、
聞き出す話術や心意気もない。

ワクワクモチベーションという新しい会社への忠誠心の持たせ方を
説いている割に仕事は単調で
スピードと正確さを目指すだけだ。

未来への展望やイメージが伝わらない。
ワクワクとは正反対な職で
くすぶっているわたくし。

誰でもリーダーになれるという
掛け声も空々しい。

リーダーどころか、定年まで勤める事も危うい。

今日も愚痴。
昨日も愚痴。

きっと明日も愚痴。




人生には楽しむという大仕事がある

花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

楽しかった時代は過ぎ去り
雨の時期がやって来る

人並みに出来てないお仕事
上司も同僚も出来の悪さにイライラ
本人もふがいなくて疲れ気味

生きてる価値や役目ってあるのかね?

人生には楽しむという仕事しかないのか。

人生を楽しむって何だ?

コーヒーを飲んで中毒症のような楽しみ。

後輩に偉そうに説教垂れる楽しみ。

愛する家族に囲まれる楽しみ。

仕事で社会に貢献する楽しみ。

欲望には段階があり肉体的に満たされたら社会に承認される欲望がでてくる。

人生は一度。
得意科目、得意分野で楽しく仕事していたい。

出来の悪い猿に芸を仕込まれるような気持ちで仕事している。

やはり野に置けかすみ草。

猿に芸は似合わない!